自己破産した時の生活の制限

自己破産した時の生活の制限、差し押さえに関して

自己破産をした場合どんな財産を処分する必要があり、どんな財産であれば手元に残せるのでしょうか。

まず、当面の生活費用として99万円以下の現金は、処分の対象外となります。

家具、衣類、調理器具なども、生活必需品のため処分の対象外となっています。

一応家電などは差し押さえの対象になりますが、長年使った最低限生活に必要なものであれば差し押さえられない可能性のほうが高いでしょう。
最新の大型テレビや、高価なオーディオセットなどの贅沢なものでもなければ、実際に処分される事はないでしょう。

実務上は、保険(解約払戻金)、貴金属、自動車など現金化しやすいものが差し押さえされるケースが一番多く、日常生活に使用している身の回りの動産は大抵のものはそのまま使用する事ができます。

自動車はローン残債が無く、初年度登録から7年を経過しており、処分価格が20万円未満なら処分対象外となる可能性があります。
(裁判所により扱いが異なります)

また、以下の債権は差し押さえを禁止されています。
生活保護
年金
小規模企業共済受給権
中小企業退職金共済受給権

このように身の回りのものすべてを持っていかれるわけではないということを理解しましょう。

自己破産した時の生活の制限
ブラックで借りれる業者、審査の甘い金融会社、借金の調べ方、過払い請求、ブラックリストは弁護士の力で消せるのか。 今日借りるために審査に通すテクニックと究極の裏技。金融業者だからわかる審査の裏側。自己破産した時の生活の制限とサラ金審査の関係性。自己破産した時の生活の制限の裏事情、審査なんて嘘っぱち、実は個人的な好み?金運アップグッズに隠された秘密の共通点。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

即日キャッシング

急なお金が必要な時には即日キャッシングが非常に便利です!

今日どうしてもお金が必要、そんな時はスピード審査、即日融資の業者ですよね。
最短1分のスピード審査の業者もあり!ATM・銀行振込などで当日中に融資が可能です。
人気のキャッシング・カードローンの業者を紹介していますので参考にして下さい。

キャッシング即日


■気になるキーワード■
ブラックでも借りれる、無審査、無職、債務整理、借金返済、キャッシング可能、自己破産した時の生活の制限、主婦、アルバイト、カードで借りる、役所で借りる場合に自分の借金を調べる